ヘッダー画像
 
 
 商品紹介
 
 かんたんガーデニング
球根を使えば、いちばん簡単なガーデニングが出来ます。
ちょっとした花壇があれば、肥料と球根を用意するだけです。あとは花が咲くのを待つだけ!
手をかければ一段と素敵な花が咲きますが、ある程度放任でも十分な花が楽しめます。
春の花と言えば「桜」が思い浮かびますが、次に思い浮かぶのが「チューリップ」と言う人も多いと思います。
その品種数は、1996年に5600種を超えたとあります。それだけ多くの改良を加えた「チューリップ」は、秋に植える球根として、ホームセンターなどで球根コーナーのメインを飾ります。
富山や新潟では、群生して植え付け春の観光スポットとして有名な箇所があります。
是非ご自宅でも、庭一面の花畑を!
 
 
 今月のおすすめ
耐病総太り大根画像
作って安心の定番大根
耐病総太り大根
 
 チューリップ
チューリップ画像
育て方
  • 9月頃から店頭に並びますが、植える時期は10月が適期になります。関東以西なら12月初旬位まで植えることが出来ます。
  • 花壇やプランター、鉢などに植え付け、腐葉土や堆肥を混ぜ、暖効性の化成肥料も施します。
  • 植え付ける深さは6〜8cm程度、間隔は10cm程度で、美しさを発揮するには20〜30球まとめて植えることがポイントです。
  • 花壇に植える場合は、日当たり、排水の良い場所に植えてください。土に適度な水分を保たせることが大切ですので、冬期も乾くような時はじゅうぶん水を与えてください。
    鉢・プランターなども土が乾燥しないようにしないと、せっかく出来た花芽がしおれて開花しなくなるので注意が必要です。
  • 花が終わったら早めに花がらを切り取り、葉だけ残しておきます。葉が黄変してきたら、晴れた日の午前中に球根を堀上げ、日陰干ししてからネットに入れ風通しの良い涼しい場所に保存します。
    しかし、チューリップはモザイク病にかかりやすいので、毎年新しい球根を購入するのが無難です。
商品紹介
  • 東アジアから中央アジア、トルコなどが原産地となり、100種類以上の野生種があります。
    オランダで精力的に品種改良が行われ、国際登録されたものだけでも5600品種近くあるといわれてます。
  • 花色は赤、白、黄、紫、桃などがあり、一重咲き、八重咲き、フリンジ咲き、ユリ咲き、パーロット咲きなどのさまざまな品種・系統があります。
  • 早生種・中性・晩生種があり、咲き方や品種の多い晩生種が人気です。
 
 フリージア
フリージア画像
育て方
  • 球根の植え付け時期は、9月下旬〜12月中旬ごろが最適です。
    フリージアは比較的低温を好みますが、冬期は温室や室内に入れます。露地栽培も出来ますが、暖地以外は栽培方法にコツが必要です。
  • 中球で5号鉢に7球、4号鉢に5球が目安で、 プランター植えの場合、間隔は4cm平方に1球です。
  • 植え付ける深さは、球根の頂部が見えないくらいの深さに立てて植えます。肥料は窒素分の少ない配合肥料を鉢の隅に施します。
  • 鉢植え、プランター共に日当たりが良く、風通しの良い場所に置き、霜が降る直前まで屋外に出しておき、その後温室などに取り込みます。日の当たる場所に置き、午前中に潅水を行います。
  • 植え付けから約4か月くらいで開花します。
  • 水あげが比較的良い方なので、花が咲いたら早めに切花にして楽しむのも良いでしょう。
    春になり、暖かくなったら屋外に出し、葉茎が黄変して枯れてきたら堀上げ、土をよく落とし、ネットに入れて日陰の涼しい場所で乾燥させます。
商品紹介
  • アヤメ科の球根植物で、現在100種類以上の品種があります。
    南アフリカに数種類の原種があり、どのように改良されたかは不明です。
  • 花形はユリ状で、花色は白、黄、橙、朱赤、桃、紫など。非常に良い香りがするので、切花や鉢花として人気があります。
    黄色の花のほうが、やや香りが強いようです。
 
 ユリ
ユリ画像
育て方
  • 球根選びのポイントは、なるべく大きい物で、硬くて乾燥していない物を選んでください。
  • 用土は腐植質に富み、排水の良いことが重要で、砂質土壌や粘土質土壌には向きません。
    鉢植えなら、赤玉土に腐葉土を混ぜたものを用い、有機質肥料や化成肥料も混ぜ込みます。
  • 植え付け時期は10月〜11月までが最適です。
  • ユリは植物体を支える下根と、水や養分を吸収する上根の2つあります。 浅植えすると上根が十分に出なく、生育が悪くなります。
    深さ20〜25cm程度と、他の球根より深く植え付けることがポイントです。 鉢植えの鉢は、深い物を選び、真ん中くらいの深さに植え付けます。
  • 春になり芽が地上に見えてきたら、潅水の回数を増やし、支柱を立て順次茎を誘引します。 この頃になると、元肥も不足してきますので、2週間に1度の割合で液肥を施すか、粒状肥料を施します。
  • 開花期は種類によって異なります。 その開花期に葉枯れ病の発生が多く予防が必要です。事前に、窒素質肥料の多用、密植なども避けてください。
  • 開花後、出来るだけ長く葉をつけている事が重要で、潅水や害虫防除をこまめに行い、9月上旬に球根を掘上げます。 その後、水洗い・消毒を行い、冷暗所などで乾燥しないように保存してください。
商品紹介
  • ユリは北半球に広く分布し、ヨーロッパから中近東、アジア、もちろん日本でも自生しています。
    特に東アジア、日本で発見されたものをもとにヨーロッパで改良されたものが、市場で多く出回っています。
  • ユリのおおまかな種類としては、ヤマユリ型、テッポウユリ型、カノコユリ型、スカシユリ型に分けられます。
    それらの系統に改良を加えた園芸品種のオリエンタル・ハイブリッド、アジアンティック・ハイブリッド、ロンギフローラム・ハイブリッドなどがあります。
 
 クロッカス
クロッカス画像
育て方
  • 球根の選び方は、皮の間がくぼんだり、ガサガサした物をなるべく避けるようにしてください。
  • 植え付け時期は10〜11月上旬まで、霜の降りる前までが適期です。
  • 花壇植えの場合、日当たりと通気のよい場所で、砂質土壌が適しています。
    土を深く耕し、石灰と化成肥料を混ぜ込みますが、窒素分が多いと球根が腐りやすくなります。5cm平方に1球、深さ5cm程度に植え付けます。
    水耕栽培も出来ますので、発根部に水が触れる程度にして管理してください。
  • 花壇であれば潅水の必要はありませんが、鉢植えの場合には、土が乾いたら潅水してください。
  • 一定期間低温に当たらないと開花しませんので、鉢植えでも冬期は戸外で管理してください。
  • 植えたままでも2〜3年は開花しますので、花が終わりましたら、肥料を施して球根を育てます。
    6月頃、葉が黄変してきたら球根を掘り上げても構いません。 その際、古い葉は切り取り、ネットに入れて風通しの良い日陰で乾燥させ、古い根を取り除き、さらに陰干ししたのち冷暗所で保存します。
商品紹介
  • ヨーロッパ、地中海沿岸、西アジア原産のアヤメ科の球根植物です。 原種数は約80種。主に春咲きですが、秋咲き、冬咲きの品種もあります。
  • 花色は白、黄、紫などがあり、絞りの物もあります。群生させると見栄えがし、春の訪れを彩ります。
  • 花(めしべ)を香辛料などに使うサフランと同じ仲間で、花サフランとも呼ばれることがある。
 
Copyright © Utane Seed Co.,Ltd All Rights Reserved.