庭がなくてもハーブは育てられます。

よく日の当たるベランダや窓辺に

プランターや鉢で緑を飾ってみませんか


ハーブの紹介

ハーブの育て方

保存と利用

ハーブ豆知識


ハーブの保存と利用

 

保存方法

利用部位を保存するときの方法です。しかしながら、早めに使う事をお勧めします。
また、場合によってはフレッシュの時よりも香りの度合い等が変化する場合があります。
 

利用方法

園芸として楽しむ他に、ハーブを利用するときの方法です。
料理の彩りや隠し味、ハーブティーからポプリなどそれぞれ使い分けてください。
ハーブ 保存方法 利用方法
ラベンダー
  • 花茎ごと切り取り乾燥保存。
  • 花や茎を利用。ドライフラワーやポプリとして利用します。
ローズマリー
  • 主に枝を切って乾燥保存。
  • 花・茎・葉を利用。肉料理の香りづけに最適です。
  • 花・葉はポプリにして、すっきりとした香りが楽しめます。
ペパーミント
  • 枝を切り取って乾燥し、その後葉だけ保存。冷凍も可能。
  • 葉や花を利用。生葉を刻んでサラダに利用できます。
  • ミントティーは気分をスッキリさせ、心を落ち着かせてくれます。
カモミール
  • 花を乾燥保存。
  • 花を利用。気分をリラックスしたい時などは、花を乾燥させたカモミールティーが最適です。
  • 切花としても利用出来ます。
セージ
  • 花の咲く前に 葉を摘んで陰干ししてから乾燥保存します。
  • 葉を利用。 乾燥させると風味がより強くなります。
  • 肉料理に利用する場合は、クセが強いので少し控え目に利用してください。
  • フレッシュ・ドライともに、ハーブティーに利用できます
レモンバーム
  • 葉を乾燥保存。
  • 葉を利用。必要な時に摘み取り、生葉をデザートの飾りや料理に。
  • 乾燥させてポプリやレモンバームティーも有名です。
タイム
  • 葉を枝ごと収穫して乾燥保存。
  • 葉を利用。
  • 乾燥させた葉や生の茎葉を刻んでソーセージに混ぜ込んだり、ビネガーやオイルに漬け込んで利用します。
  • ハーブティーにも利用できます。
スイートバジル
  • 乾燥させるか、冷凍保存。(乾燥保存は香りが逃げやすい)
  • バジルペーストを作って、冷凍保存しておくと便利です。
  • 葉を利用。若い葉を摘み取ってピザやパスタなどに利用します。
  • オリーブオイルやビネガーに茎ごと漬け込むと、バジルオイル・バジルビネガーが出来ます。
  • バジルの生葉・にんにく・マツの実・オリーブオイル・塩をミキサーにかけペースト状にすれば バジルペースト(ソース)の出来上がり。さまざまな料理に利用出来ます。
フェンネル
  • 基本的に葉は使用する度にカットするが、冷凍保存も可能。
  • 種子は熟した物を刈り取り乾燥保存。
  • 葉・茎・種子・花のほか、間引き菜も利用出来ます。
  • 乾燥した葉茎には独特の芳香とさわやかな甘みがあり、魚料理には欠かせません。
  • タネはケーキやパンの風味づけに利用出来ます。フェンネルティーもおすすめです。
ロケット
  • 保存はせず、使用する度に葉をカットして使う。
  • 葉を利用。間引き菜も利用出来ます。
  • 若葉をサラダや中華料理・肉料理のつけ合せに、さっと茹でてお浸しやスープに利用出来ます。

イタリアンパセリ

  • 乾燥または冷凍保存。
  • 葉・茎を使用。
  • 通常のパセリ同様、サラダやスープ、飾りのほか、ソースに混ぜ込んだりと、便利に使えます。