庭がなくてもハーブは育てられます。

よく日の当たるベランダや窓辺に

プランターや鉢で緑を飾ってみませんか


ハーブの紹介

ハーブの育て方

保存と利用

ハーブ豆知識


ハーブ豆知識

ハーブについて
  • 香草・薬草など、有用な草・植物がハーブと呼ばれます。
    薬効の強いものや、有毒なものもあります。
  • ポプリや香水など、香りを利用するものから、スパイスやお茶など、食用になるものがあり、花・葉・茎・種など、利用する部位もさまざまです。
ハーブの歴史
  • 紀元前からハーブが使用されていたとされ、当時はフェンネル・ジュニパー・月桂樹などが使われていました。
  • 古代エジプト人がつくりあげたハーブの知識は、古代ギリシャの人々に受け継がれ、その後ローマ帝国の領土拡大に伴い、ヨーロッパ全土へ広まりました。
ハーブティー
  • ハーブの花や葉を乾燥させてお茶として利用するもので、古くから欧米で親しまれてきました。
  • 多くのハーブティーには、気分をリラックスさせる作用やリフレッシュさせる作用があるとされています。
    また、香りや色を楽しむ人も多くいます。
ポプリ
  • フランス語の「Pot-pourri」(発酵させた壺)が語源とされ、花や葉・ハーブ、樹脂や果実などを混ぜ合わせ、瓶や壺に入れたものです。
  • ポプリ作りにハーブは欠かせず、その基本さえ覚えれば誰でも楽しめ、最もシンプルな手作りの香りです。
花言葉
  • ハーブにも一般的な草花同様に花言葉があります。
    育てた花や作ったポプリに花言葉を添えて、プレゼントしてみてはいかがでしょうか?
  • 「バジル:好意」「タイム:活発」「ラベンダー:疑惑」
    「ローズマリー:思い出・記念」「チャービル:誠実」など
料理にプラス
  • 日本でも、ハーブを料理に使う方が増えてきました。
    庭先のシソの葉を使う感じで、どんどん試してください。
  • パスタにバジルの葉を刻んで混ぜるだけで、本格的な味を楽しめたり、フェンネルを魚の臭い消しに使ったりと、ハーブを加えるだけで、料理が変わります。
日本のハーブ
  • ヨーロッパから新大陸へと渡って行ったハーブですが、日本独自のハーブもあります。
  • シソやミョウガ、ミツバにフキ・サンショ、ハッカなどが有名で、主に薬味として利用されてきました。